2012年10月01日

クロロゲン酸 グリーンコーヒーでダイエット

アメリカで最近注目のダイエット成分クロロゲン酸の紹介です。

『肥満者を対象にした実験で、グリーン・コーヒー豆の抽出物を
毎日摂取することで、体重の10%の減量に成功した』
と第243回米国化学会年次学術集会で報告がありました。

------------------------------------------------------------------
★ グリーンコーヒー・エキス(GCA)
------------------------------------------------------------------

他にも日経メディカルに詳しい情報が
50%のクロロゲン酸を含むグリーンコーヒー・エキス(GCA)に、
血糖コントロールを改善する可能性があることが示された
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/gakkai/wdc2011/201112/522721.html

さらにUCC(上島珈琲、コーヒー会社だから?)の研究でも
詳しい情報があります。
http://www.ucc.co.jp/company/research/kurorogen/01.html

------------------------------------------------------------------
★ 炭水化物の吸収を阻害する
------------------------------------------------------------------

上記研究などを読むと、どうやら炭水化物の吸収を阻害する
効果があるらしいとのこと。
これは一度試してみようとおもい、実際試してみました。

もちろん、吸収を阻害するだけなので、すぐに痩せる
わけではないので、簡単に体感は出来ないと思ったら・・・

吸収されなかった炭水化物はどうなるのか?
それは水溶性の食物繊維になります(セルロースみたいなもの)
食物繊維の効果もダブルであるので、よく効く訳ですね。

ですが・・・大量にとると・・下痢になることも
あとガスが溜まりやすくなり・・

ということで、ダイエットよりもすぐに体感できました(^^;

やっぱり最初は沢山とりすぎるとよくないですね。
慣れるまでは少なめからはじめた方が良さそうです。

でもこれだけ効果があるなら、炭水化物が好きな人にお勧めですね。

------------------------------------------------------------------
★ コーヒーには
------------------------------------------------------------------

クロロゲン酸はコーヒーにも含まれていますが
熱に弱いので、焙煎時にほとんどなくなってしまうそうです。
焙煎前のコーヒー豆(グリーンコーヒー豆)には多く含まれています。
最近生豆茶なるものも発売されているようですね(珈琲の恵み 生豆茶)

クロロゲン酸はポリフェノールの一種ですし
吸収率もよいのでアンチエイジングにも効果的とのことです。

クロロゲン酸 グリーンコーヒーでダイエット
posted by マッスルボディ at 21:49 | TrackBack(0) | メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック